東京から一番近い棚田、鴨川のなごみスポット「大山千枚田」

kiyo
身体にいいモノやコトが大好き。お料理のレシピも書いています。失敗談も多々あり。
Pocket

千葉県鴨川市にある棚田「大山千枚田」に行ってきました。

大山千枚田

皇室献上米「長狭米」の産地、鴨川大山千枚田

房総半島の真ん中、鴨川市にある「大山千枚田」は、東京から一番近い棚田として有名です。
とてものどかな里山の田園風景が広がる穴場スポットでした。

長狭地区のみで取れる長狭米は、都内で買うと高価なお米ですが、この近辺で買えば普通のコシヒカリ程度の値段で購入できます。
じつは私、わざわざ長狭米を買いにアクアラインを通って鴨川まで来ています。
とてもおいしいお米なのでおすすめです。

ここ大山千枚田は千枚田という名だけど実際は375枚田なのだそうです。
日差しを遮るところがほとんどないので、早朝か夕方の日差しが落ち着いた頃がオススメです。

大山千枚田

近くに棚田を望めるカフェもあるのですが、16-17時には閉まってしまうので行く前にチェックが必要です。
ここへ行くなら田植えの時期の5月中旬以降から稲穂の実る秋くらいがいい時期です。

ウグイスの囀りが響くゆったりとした時間が楽しめるかもしれません。
7月の早朝には近くの大賀ハス池と合わせて立ち寄ったり、秋はもみじロードとセットで訪れるのもいいかもしれません。

この場所は単体で観光というよりは、ちょっとついでに立ち寄るような場所です。
※ちょっとついでに寄る場所だけど外せない、そんなところです。

6

所在地

+35° 7′ 51.14″, +139° 58′ 32.30 ←Google Map

都心からの所要時間

東京湾アクアラインを使っておおよそ70分ぐらいです

駐車する場所

棚田のすぐそばに無料の大きな駐車場があります。
いつ行っても人は少ない場所なので間違いなく駐車可能です。

トイレ・水場

無料のトイレ施設はありませんが、すぐ近くに棚田カフェがあります。

Pocket

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です