ホーム > 裁縫

裁縫

伸び止めテープの使い方・上手に貼るためのコツ

伸び止めテープとは? 伸び止めテープは、ストレートテープとも言います。 薄手の接着芯が縦に細長く裁断されたものです。 幅は、10mm、12mm、15mm があります。町の手芸屋さんでは10mm、15mmをよく見かけます。… 続きを読む »伸び止めテープの使い方・上手に貼るためのコツ

ミシンで直角に縫う方法・角をしっかり出す3つのコツ

上のイラストは、「写真とイラストで初めてでもわかりやすいファスナーの付け方」の記事にあります、図14の縫い方手順①と②の拡大した図になります。AとBのイラスト、何が違うかわかりますか? Aはしっかり角が出ているのに対し、… 続きを読む »ミシンで直角に縫う方法・角をしっかり出す3つのコツ

ミシン糸の選び方・生地に合ったミシン糸を探すには

ミシン糸の種類について シャッペスパン 最もよく使う、一般的な生地に使う糸…「シャッペスパン」綿やポリエステルの生地等に使え、色の種類も豊富にあります。ポリエステル素材の最もポピュラーな糸です。   レジロン ストレッチ… 続きを読む »ミシン糸の選び方・生地に合ったミシン糸を探すには

ファスナーの付け方 超入門・写真とイラストで詳しく解説!

今回のファスナーは上の写真ような感じにできあがります。 すべてミシン縫いで仕上げるファスナー付け ※これから取り付けるファスナーは、下の写真のような一般的な片開きファスナーです。コンシールファスナーやオープンファスナーで… 続きを読む »ファスナーの付け方 超入門・写真とイラストで詳しく解説!

ファスナーの付いた座布団カバーの作り方・その3・縫製

ところで、ミシンの天板についている数字と線は、ミリメートルを表している事をご存知でしたか?このメモリを使うと出来上がり線を印し付けしなくても、決まった縫い代幅で縫うことができるんです。 読み方は、押さえの近くから5、7と… 続きを読む »ファスナーの付いた座布団カバーの作り方・その3・縫製

ファスナーの付いた座布団カバーの作り方・その2・裁断

前回の「その1・生地を選ぶ」に続いて、今回は裁断です。 裁断の前は少し緊張します。これで合っているよね?など頭で一通り確認しても、たまに間違えてしまったり…もう一度足りない分の生地を買い足すこともありました。 「段取り8… 続きを読む »ファスナーの付いた座布団カバーの作り方・その2・裁断

ファスナーの付いた座布団カバーの作り方・その1・生地を選ぶ

今日は母に座布団カバー製作を頼まれましたので、写真を撮りながら作りました。 座布団カバーの製作は意外とかんたんで、サイズをちょっと変えるだけでクッションカバーにもなります。今回はお気に入りの生地でお部屋のインテリアに合う… 続きを読む »ファスナーの付いた座布団カバーの作り方・その1・生地を選ぶ

地直しのやり方・ゆがんだ生地では良いものは作れません

こんにちは、いまおい きよです。 今日はお裁縫についてです。 なにかを作ろう!そう思ったら、まず生地を買いますよね。 その購入してすぐの生地についてのお話です。 ゆがんだ生地ではいいものは作れません! 生地にもよりますが… 続きを読む »地直しのやり方・ゆがんだ生地では良いものは作れません