ミシンで直角に縫う方法

kiyo
身体にいいモノやコトが大好き。お料理のレシピも書いています。失敗談も多々あり。
Pocket

角をしっかり出すコツ

直角で縫えれば見栄えが良くきれいに仕上がります。
ファイル 2016-06-02 16 13 22

上のイラストは、図14の縫い方手順①と②の拡大した図になります。
AとBのイラスト、何が違うかわかりますか?
Aはしっかり角が出ているのに対し、Bの角は面取りされているようです。

私はいつも、Aのように角を出して縫うのですが、3つのコツを押さえれば、簡単にうまく縫うことができます。



あわてず、ゆっくり縫うこと

「ゆっくり縫う」とは、スピードを出しすぎないこと。
車の運転と同じです。曲がるときはスピードを落としゆっくり慎重に曲がります。

針を刺したまま布を動かすこと

「針を刺したまま」とは、縫っていき最後の目の時に針が刺さったままにします。
例えば4目であるなら、1、2、3、4!で針が刺さったら、そのまま。針が刺さった状態で押さえを上げて、生地を反時計回りに90度回させます。

針が上がった状態で押さえを上げ生地を回してしましてしまうと、どうしても針の位置が変わってしまいBのイラストのような縫い目になってしまいます。(Bのイラストは少しオーバーな書き方ですが・・・)
針を上げて動かしても良いのは縫い終わったときだけです。

目立つ箇所の縫い目を揃えること

「目立つ箇所」というのは、ファスナーで言うなら①番と③番の短いところです。
そこを4目なら4目、5目なら5目で統一すれば見栄えがよくなります。

ぜひ試してみてください。

Pocket

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です